• HOME > 新着情報 > 【ニュースリリース】-今年はおうちであご祭り-「九州あご文化推進委員会」公式サイトへ新たなコンテンツ追加 

【ニュースリリース】-今年はおうちであご祭り-「九州あご文化推進委員会」公式サイトへ新たなコンテンツ追加 

2020年10月15日
あご(トビウオ)の日本有数の漁獲地である長崎県平戸市(市長:黒田成彦)、南松浦郡新上五島町(町長:石田信明)、鹿児島県熊毛郡屋久島町(町長:荒木耕治)と、「茅乃舎だし」など和風調味料を取り扱う久原本家グループの4者で共同運営する九州あご文化推進委員会は、九州のあご漁において最盛期を迎える10月に、豊かな海の恵みに感謝して「あご祭り」を例年開催していますが、今年は新型コロナウイルスの影響もありイベントは中止となりました。そこで、今年はご自宅やお手元のスマートフォンでお楽しみいただけるよう、2020年10月15日に委員会公式サイト(kyushuago.jp)に、新たなコンテンツを追加致しました。
今回追加したコンテンツは、スマホであごの飛行距離にチャレンジする「おうちであごだしチャレンジ」、平戸のあご食文化を取材した「あご便り」「あご飯ばな」、あご料理を楽しめる飲食店の紹介「あごの輪」の4つです。

近年、食品・調味料市場では「あご(トビウオ)」への注目度が高まっており、様々な関連商品が販売されています。しかし、その食材としての特徴や、昔から九州地域に伝わってきた「あご」の食文化については、あまり知られていません。今後も九州に伝わるあご(トビウオ)の食文化を広げていくために委員会公式サイトやイベント等にて、あごの特徴・あご料理の紹介等、九州のあご文化に関する情報の発信を行って参ります。

以下掲載はイメージとなります。
詳細は、10月15日公開の委員会公式サイトをご参照ください。https://kyushuago.jp/
(ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。)
 
【あごだしチャレンジ】
あごの飛行をスマートフォンで体感!あごだしチャレンジ3分間トライアル。
 
【あご便り】
九州では「あご」とも呼ばれるトビウオ。海面を飛ぶように移動する回遊魚の持つユニークな魅力と、あごにまつわる豊かな食文化を紹介します。
【あご飯ばな】
あごを使った郷土料理や地域ならではのあご料理にまつわるストーリーを紹介します。
【あごの輪】
地域の食材とあごを使ったオリジナル料理が味わえるスポットを紹介します。